虫歯予防には歯磨きから!間違いだらけの歯の磨き方|トピックスファロー

  • フリーライター求人
647 views
2014年11月7日
虫歯予防には歯磨きから!間違いだらけの歯の磨き方

毎日歯を磨かないとむし歯になるよ! そんな風にお母さんに怒られた日は過去のこと・・・ なんて思っていませんか?

フリーライター
  
いくつになってもむし歯の可能性はなくなりません。
むしろ、忙しく、生活習慣が乱れがちな大人のほうが虫歯の可能性は高まってさえいるのです。
意外と知らないむし歯のこと、その予防法、この機会にしっかりと知っておいてはいかがでしょうか?
むし歯の原因を軽く説明し、その対策は毎日の歯磨きにあると説いています。

まず、歯磨きの方法、握り方から注意点を説明します。
次に、最近人気の「電動歯ブラシ」について。電動歯ブラシのユーザーが陥りやすい問題点を挙げ、毎日の歯磨きに時間を割くことがむし歯予防につながると呼びかけています。

1.むし歯はどうして起こるのか?

むし歯になると、歯痛だけでなく、付随して頭痛や発熱が巻き起こったりします。
また、仕事や日常生活に影響が出たりもします。
むし歯になるのに年齢は関係ありません。
大人になったらかからない、なんて類のものではなく、むしろ、子供のころは怠らなかった歯磨きや、寝る前に食事を取らないなどの生活習慣がおざなりになり、むし歯になりやすくなってしまうなんてパターンもあります。

そもそも、どうしてむし歯は起こるのでしょうか?
ものを食べた後、歯の表面をこすってみてください。
白い粘膜のような、カスのようなものがこびりついているでしょう。
これが「歯垢」です。
歯垢は食べ物の残りかすや、口の中で分解された成分の集まりです。
この歯垢にばい菌が入ることで、、むし歯は起きるのです。
そして、特に、夜、眠っているときにこそ、ばい菌の動きは活発化します。
これを知っておけば、予防も簡単ですよね。
そう、歯垢はすぐに取り除けば、むし歯など起こるわけがないのです。
つまり、毎日の寝る前に行う歯磨きこそが、むし歯対策の最高の手段なのです。

と、書くのは簡単なのですが、なのに人はむし歯になってしまいます。
しかも毎日歯磨きをしている人でも。これはどうしてなのでしょうか?

2.間違いだらけの歯磨きのやり方

毎日歯磨きをしている人でもむし歯になります。
だからといって「歯磨きは無駄なのだ」なんて思わないでください。
歯磨きが無駄なのではありません。
その人の歯磨きのやり方が間違っていると言えるのです。

むし歯が起きやすい箇所はどこかご存知ですか?
実は、歯の根下、歯茎と歯の間の溝が虫歯が起きやすい箇所です。
歯垢がたまりやすく、また、歯磨きでも見逃しがちな部分だからです。

歯磨きをするときに歯を磨くことに夢中になりすぎて、歯茎を磨くのを忘れていませんか?
心当たりのある人はぜひ、すぐに実践してみてください。
また、歯茎を磨くことによって、刺激を受け、歯茎の血行が良くなり、歯周病の予防にもなっています。

このとき、あまり力をこめずに、マッサージするような感覚で磨いてあげてくださいね。
そうしないと歯茎から血が出てしまい、口の中に雑菌を呼び寄せてしまいます。
歯ブラシを握り締めるのではなく、親指、人差し指、中指の三本で、かるく添えるように持ってあげると、自然と力の抜けた状態で歯磨きができるようになります。
力の抜けた歯磨きは、歯茎にとって心地いいものですし、歯磨きの時間を楽しめるようになってください。歯磨きを楽しめるようになれば、毎日の歯磨きを欠かさずに丁寧に行えるようになっていきます。

3.電動歯ブラシの問題点

最近、テレビショッピングなどでよく見かける電動歯ブラシですが、みなさんの中にもお使いの方はいらっしゃるでしょう。
短時間で歯磨きを完了することができるし、労力も要らないのでたいへん人気が出てきているようです。

ただ、この電動歯ブラシがなかなかの曲者なのです。
下手すると普通の歯ブラシよりも、むし歯を招いてしまう可能性があるからです。

電動歯ブラシの売りはなんといってもその振動数でしょう。
手動よりもはるかに多くの振動で歯を磨けるため、きれいな歯を生み出してくれると言われています。
確かにそれはそうでしょう。きちんと歯ブラシが歯に当たるのであれば。

歯には、十人十色の「型」があります。
でこぼこしている人、滑らかな人、そんな「型」を知っているのは本人くらいのものであり、電動歯ブラシはそんな「型」の一つ一つに対応しているわけではありません。
むしろ、歯の微妙な凹凸に対応しきれずに、たまった歯垢を取り除けないこともあります。
細かい歯の「型」に対応しようと思ったら、手動で時間をかけて磨いたほうが、より効果的なことだってあるのです。
面倒かもしれませんが、むし歯になったときの苦痛と治療に割く時間やお金を考えれば、毎日の1分や2分の違いなんて、苦にはならないでしょう。

電動歯ブラシが決して悪いわけではなく、ただ、電動歯ブラシだからといって万全だと思い込んでいると痛い目を見てしまいます。
あるいは、電動歯ブラシを選ぶ際に、そういった細かい「型」に対応できるかどうかをきちんと調べてから購入するのがいいでしょう。

とにかく、むし歯の予防は一に歯磨き、二に歯磨き。きちんとした歯磨きをしていればむし歯は防げます。正しい歯磨きの習慣を身につけてください。

著者:石塚就一

フリーライター
アイコン
映画ライターとして執筆や配給に関わってきました。