夫婦の新しい門出!結婚式を演出するウェディングプランナー|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
1,247 views
2014年10月7日
夫婦の新しい門出!結婚式を演出するウェディングプランナー

結婚というイベントは、多くの女性が憧れと夢を抱いているもの。盛大な結婚式にしたいと願うカップルもいれば、慎ましくも心のこもった結婚式にしたいと願うカップルもいます。そんなカップルの要望をくみ取って、最大限に実現するウェディングプランナーの資格について解説していきます。

WEBライター
  

夢のような結婚式を演出してくれるウェディングプランナーになるには?

ウェディングリング

photo by anthony kelly on flickr

「結婚式」という言葉にはお菓子のように甘い幸福感と、春の陽だまりのような温かさが感じられるものです。新郎新婦入場の際の定番である「メンデルスゾーンの結婚行進曲」を聞くだけで、胸の中がじんわりと温かくなるという人も多いでしょう。

結婚式は、基本的には人生に一度きりの自分が主役になれるイベントです。だからこそ、女性は出来る限り自分の抱いてきた結婚式への夢を盛りこもうとするのです。 新郎新婦が抱いてきた夢の結婚式の実現の為に、大きな役割を果たすのがウェディングプランナーなのです。

ウェディングプランナーとは?

ウェディングプランナーは、結婚式・披露宴の開催に当たって会場の手配や参列客に供する料理の手配、会場内のBGMや余興に使うものの手配、司会者の手配や引き出物の業者の手配など、結婚式で必要になるものおよそ全ての手配を行い結婚式の実現に尽力する職業です。

基本的に、ウェディングプランナーは結婚式場になる会場やホテルに雇われていて式場の予約をすると担当者という形でカップルに割り当てられますが、中にはフリーランスのウェディングプランナーとして活躍している人もします。

ウェディングプランナーの資格

ウェディングプランナーの資格は民間資格なので、無資格者でも結婚式場に努めている人は人事異動などでお鉢が回ってくることがあります。その為、「折角の結婚式なのにハズレのプランナーに当たってしまって不快な思いをした」というカップルも少なくないようです。

ウェディングプランナーの資格には全米ブライダルコンサルタント協会が主催する「ブライダルプランナー検定」社団法人日本ブライダル文化振興協会が主催する「ブライダルコーディネーター」WBJが主催する「認定ウェディングプランナー」などがあります。 資格の認定団体や名称などは違いますが、どこも講座の受講後に認定試験を受けて資格取得する形式をとっているようです。

このように、ウェディングプランナーに関する資格は複数ありますがすべて取得する必要はありません。また、ウェディングプランナーは資格がなくてもなれる職業であるため、必ずしも就職に有利というわけではありませんが、資格を取得していた方が社員教育の手間が省けるので有利になる雇用先も多いようです。

ウェディングプランナーの本当の役割

ウェディングプランナーは結婚式全体をプロデュースするのが業務ですが、必ずしもベストの結婚式を提供できるというわけではないのも事実です。

給料が出来高制だから客の要望を無視して高いプランを契約させようとするプランナーもいれば、客の要望に安請け合いして実際の手配を怠るプランナーもいます。このようなプランナーに当たってしまうと、折角の結婚式は台無しになってしまうし、後々のトラブルに発展してしまうのです。

自分の業績よりも客の満足度を優先して業務を全うするのが良いウェディングプランナーの条件です。そして、客は自分が主役の結婚式は一生に一度しかないのだから、夢や理想を盛り込んだ結婚式にしたいと思っているのです。

だからこそ、ウェディングプランナーは客の要望を予算と時間が許す限り実現するように努力しなければなりません。つまり「客の要望を実現する力」を持っている事こそがウェディングプランナーの本当の資格と言えるのです。

著者:塩屋 謙

WEBライター
アイコン
職業は編集・校正、そしてWEBライターでもあります。興味の範囲を広げつつ、様々な記事を書いています。