こんなにある!意外と役立ちそうな食に関する資格3つ!|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
1,821 views
2014年3月5日
こんなにある!意外と役立ちそうな食に関する資格3つ!

食は、人間の根底にある要素であり、文化の一つとして食に注目が集まります。食は人間にとって重要なテーマである事から、食に関する資格も多いです。それらの中には、取得するに値する興味深い食の資格も見つけられます。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

食事の栄養バランスのスペシャリストである栄養士

食に関わる資格で、栄養面のスペシャリストであるのは、栄養士資格です。

栄養士は、食事に含まれる栄養素について、深い専門知識を持っています。 健康な生活を送るためには、毎日摂取する食事の栄養バランスを考えなくてはなりません。 特に子供や高齢者、病人などのような、体に滋養が必要な人たちにとって、食事の栄養バランスは重要なものです。 そのため、栄養士が食事に含まれる栄養バランスを考えた食事作りに貢献します。 この栄養士の資格を取得すれば、病院や学校、さらに各種の福祉施設などで、食事の栄養を考える専門的な仕事に従事できます。 さらに栄養士の上級資格として存在するのが、管理栄養士です。 栄養学について、栄養士に比べてさらに高度な専門知識を、管理栄養士は持っています。 この管理栄養士の資格を取得するためには、まず栄養士の資格を取得する事が必要です。 さらにその上で、栄養士としての実務経験がなければなりません。 栄養士の資格を得ることができれば、さらに次のステップとして管理栄養士の資格を取得することを目標とできます。 管理栄養士となれば、栄養学の専門家として幅広い活躍が可能です。 そうすれば、より多くの人の健康的な食事をサポートする立場に立つ事ができます。  

食文化に深い知識を持っているフードコーディネーター

近年、食の資格で注目を集めているのが、フードコーディネーターです。

フードコーディネーターは、食をコーディネートするための役割を果たす存在です。 国際化により、食文化はますます多様化しています。 その中で、食文化の本質を知り、食をコーディネートできる専門家として、フードコーディネーターの存在価値があります。 食文化が豊かになるほど、本当の食について詳しい知識を持った人材が求められます。 フードコーディネーターが、深い食文化の知識でサポートすることで、食文化を正しい方向へと導く事ができます。 フードコーディネーターが手がける仕事としては、料理などの企画開発や飲食店のプロデュースなど、食に関する幅広い分野に及びます。 例えば、レストランなどの飲食店では、より顧客に充実した食事の環境を、店舗内に実現するために苦労しています。 フードコーディネーターは、飲食店でどのようにコーディネートすれば、そこで食事をする人が快適に食事をとる事が出来るかについて深く考察を行い、、店舗内のプロデュースができます。 フードコーディネーターの知識は、仕事だけでなく普段の食生活の充実にもつながる事から、一般の人たちからも取得を目指す人が多いです。  

食の教育に大きな役割を持つ食育マイスター

正しい食事を取る事は、人が健康的な生活を送る上で重要なことです。

食事の習慣は、日々食事を摂取するかによって大きく左右されます。 そのため、食に関する教育に携わるのが、食育マイスターです。 特に食事の習慣は、子供の頃の食習慣によって影響を受けます。 子供の頃に正しい食事の取り方を身につけておけば、その習慣は大人になったあとも続きます。 正しい食事を取る責任は、最終的に本人次第のものです。 そのため、食育マイスターが、食に関する正しい知識や作法を指導することで、食習慣の改善を促します。 また、食は堅苦しいものではなく、行い次第で十分に楽しいものになります。 食の本来の楽しさを人々に認識してもらうためにも、食育マイスターが果たす役割は大きいです。 また、食育マイスターの資格取得を目指して勉強すれば、本人自身も食習慣について改めて考えさせられることになります。 これまで行ってきた食習慣が、実は好ましくないといったことに気づく機会があります。 食育マイスターは、自らの食習慣を見直すことによって、さらに人の食習慣の改善に貢献できる存在になります。 食育野重要性がクローズアップされる現在で、食育マイスターの活躍が期待されます。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!