虫歯の治療よりも、歯周病の治療を優先する理由とは?|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
1,831 views
2013年5月20日
虫歯の治療よりも、歯周病の治療を優先する理由とは?

虫歯治療よりも、歯周病を治すほうが先決と言われて戸惑った経験はありませんか?納得いかない、何かの間違いでは…と思うかもしれませんが、決して歯科医の判断ミスなどではありません。なぜ虫歯の治療が後回しになる場合があるのか、その理由を教えます。

美術ライターっぽいひと
  

虫歯より歯周病の治療を先に行うのはなぜ?

虫歯と歯周病の両方を患っていた場合、歯周病の治療から先に行う歯科が多くみられます。
「痛い虫歯を早く何とかして欲しい」「虫歯の進行を食い止めることを優先すべきでは?」。こんな私たちの心情に反して、なぜ歯科は歯周病の治療から先に行うのでしょうか?

詰め物に血が混じるなどの問題が発生しやすくなる

歯は歯槽骨と歯茎によって安定が保たれています。つまり歯槽骨と歯茎は歯を支える土台のようなものなのです。しかし歯周病に罹ってしまうと、歯槽骨が溶けて歯茎が炎症を起こしてしまうため、歯を支える力が弱くなってしまいます。すると歯がグラついたり、重度になると完全に抜け落ちたりしてしまいます。

そのような不安定な状態で虫歯治療を行うと、悪いところを削って詰め物をする際に、樹脂に血が混入して(歯茎が炎症していると外的刺激により出血が起きます)歯への密着度が低下してしまうなど、さまざまな問題が発生しやすくなります。

トラブル回避のために、歯周病治療を先行する

このようなリスクを避けるためも、まずは歯の土台を安定させなくてはいけません。
土台の安定=歯周病の治療です。具体的には、プラークコントロールにより歯茎の炎症を鎮めます。炎症がおさまると出血もおさまり、歯茎が引き締まって歯が安定するため、虫歯治療を行っても上記のようなトラブルが起きにくくなります。

虫歯の治療より歯周病の治療を先に行うことが多いのは、このような理由があるためです。

虫歯が初期の段階だった場合は、ほぼ100%の確率で歯周病の治療を先に進めます。
初期虫歯は、日々のプラークコントロールや再石灰化を促すケアで十分に進行を防げるため、治療を急ぐ必要がないためです。近年では、治療自体が不要と判断を下す歯科も増えています。

ただし激痛で夜もまともに眠れない・神経にまで達しているなど、一刻を争うような重症の虫歯だった場合は、生活に支障が出ますしヘタをすると命に関わりますから、歯周病の治療よりも虫歯の治療を先に行います。つまりどちらを優先的に行うかは症状や進行度次第、ケースバイケースなのです。

信頼に値する歯科かどうかを見極めるには?

「まずは歯周病の治療からね」などと大雑把な説明しかしてくれない歯科は、不親切と言わざるを得ません。きちんと理由を説明してくれるところがベストですが、運悪く前者のような歯科に当たってしまった場合は、勇気を出してこちらからわけを尋ねましょう。

それでも適当な説明しかしてくれないような歯科であれば、セカンドオピニオンを真剣に検討してください。また初期虫歯を積極的に削って治療しようとする歯科も、儲け主義の可能性大なので良くありません。
虫歯や歯周病の治療費は高いですから、信頼できる歯科を選ぶようにしましょう。

著者:安達リス

美術ライターっぽいひと
アイコン
本にお茶、お絵かきアイテム、動植物を愛する文字書きです。いろんなものを吸収するべく趣味の範囲を超えたテーマを取材・執筆しています。中の人などいません。