【夢の牧場生活】サラブレットと共生する北海道の魅力|トピックスファロー

  • 在宅ワークのライター募集
1,355 views
2012年7月12日
【夢の牧場生活】サラブレットと共生する北海道の魅力

サラブレット牧場で仕事をしたいと思う人は、なぜ北海道が競馬や生産に深く関わってきたのか気になるのでは??サラブレット牧場での仕事を後押しする魅力には何があるのか迫ってみました!

WEBライター
  

『馬好きの就農希望者』にとって牧場生活は夢の世界

日本が誇る娯楽の一つに『競馬』があります。

一昔前は『ギャンブル』や『おじさん達の趣味』というイメージがありましたが、今では若い人達の間でも人気になるくらい良いイメージがついています。
TVゲームになったり競馬場をデートスポットとして使う人もいるほどです。
あまり競馬を知らない人達にまで人気が出ているのであれば、純粋に競馬や馬が好きな人にとっては、『馬と共にする生活』はまさに『理想郷』ではないでしょうか。

最近の傾向として、都会での仕事にピリオドを打ち、心機一転し大自然の中での仕事に就きたいと願う就農者も増えています。
夢を追い続け自分の趣味を現実にしようとする人や、馬好きで就農希望を願う人にとって牧場生活は夢の世界だと思われるでしょう。
特にサラブレットの生産・育成をおこなっている北海道での牧場生活は、まさに理想郷ではないのでしょうか。

ではその魅力はどこにあるのでしょうか。

『馬好きの就農希望者』を後押しするサラブレットの魅力

サラブレットの魅力とは何でしょうか?

『競馬はロマンだ。』と言う人も少なくありませんが、その通りだと思います。
年間約3000~4000頭くらいの馬が生まれますが、その中でも頂点に君臨するのは1頭だけ。
その1頭が頂点に行くまでの挫折や復活劇を見ると『競馬はロマンだ。』という言葉は納得できます。
レース中の駆け引きや力強さを間近で見るなら、その興奮に酔いしれ、虜にされてしまう事もあるでしょう。
その1戦のために厩務員や調教師、騎手達の惜しみない努力も感じる事が出来るかもしれません。
サラブレットそのものが好きという理由もあります。
素朴な表情の中にも優しさや秘めたる闘志を感じるために好きという方達もいるようです。
こういう理由で、『自分もサラブレットの牧場で働いてみたい。』『自分もサラブレットの育成に関わってみたい』と願うのではないでしょうか。

北海道は『馬好きの就農希望者』の理想郷

雄大な北海道の大地


日本有数のサラブレットの産地は北海道です。
伊達市付近~千歳市付近~白老町付近~えりも町にかけてサラブレット牧場が点在しています。
G1馬を輩出した牧場や、記憶にのこる名馬を輩出した牧場もあります。
馬好きにとってはたまらない場所ではないでしょうか。

雄大な大地が与える開放感

北海道の大地はとにく広い。
地平線まで続く牧場で自分の好きなサラブレットに囲まれて生活する事にストレスを感じることはないと思われます。
雄大な大地の与える開放感は、『北海道ならではの魅力』ではないでしょうか。

過ごしやすい気候

最近は異常気象で気温が上昇傾向にあります。
それでも北海道は涼しいです(冬はその分寒いですが)。
夏の時期でも20前後~30度前後と比較的過ごしやすい気候です。
都会特有の『アスファルトからの照り返し』や『ヒートアイランド現象』もなく、周りには自然がたくさんあるので過ごしやすく感じるかもしれません。

北の大地の食

何をするにしても食事は欠かせません。
北海道の食は一般的に美味しいとされています。
体力勝負の牧場生活で、力の源となる食事は大切にしたいものです。
末永く夢の牧場生活をしていくために、支えとなる食が美味しいというのも、魅力の一つです。

歴史が感動を大きくする

北海道は長きにわたって競走馬を輩出してきました。
そのため出産に携わる感動も一際大きいはず。
年に1度(時期は4~5月位)出産を経験できます。
その頃牧場内は緊張で満たされますが、無事に出産が終わると、その緊張感は感動にかわり、経験を積んだ仲間達と共に喜びを分かち合う事ができます。
また、自分が出産を手伝った馬が、将来大群衆を前に1着でゴールした事を考えると胸の高鳴りは抑えられないかも知れません。

北海道の魅力が『馬好きの就農希望者』の追い風になる

『開放感』『気候』『食』『歴史』はほんの一部にしか過ぎません。
実際に北海道で牧場の生活をされると、他の魅力と出会うことができると思います。
新たな発見ができるという事も魅力の一つではないでしょうか。
最近人気になってきた競馬ブーム。
それをただの趣味としてとどめておく事ができず、自分の仕事として行なっていきたいと願う方達にとって北海道は理想郷とも言える場所です。
都会での仕事を辞め、心機一転サラブレット牧場での生活を考えている『馬好きの就農希望者』の人はぜひ参考にしてください。
大好きなサラブレット達に囲まれ共生する生活を、『広大な大地』、『美味しい食』、『サラブレット生産の歴史』がファンを虜にし、サラブレット牧場への就農希望者の後押しをすることでしょう。

著者:海老田雄三

WEBライター
アイコン
芸能、アニメ、ゲーム、音楽あたりが得意分野のはずが、気が付けばなんでも書くライターになっていました。アニメ、ゲームなどのサブカル誌によく寄稿しています。