一人暮らしにピッタリ!寝やすいベッド&マットレス選びの極意|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
4,131 views
2013年5月13日
一人暮らしにピッタリ!寝やすいベッド&マットレス選びの極意

一人暮らしに大切な家具と言えば「ベッド」。ベッドは睡眠に欠かせないアイテムですが、良いベッドを選べないと一日の疲れを取ることができません。 自分にピッタリなベッドを選ぶためには、どこをチェックすればいいのか。こちらではそのコツを紹介します。

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

ベッドはズボラな人にオススメ

ベッドのメリットは、布団の上げ下げが必要ないという点です。
布団の場合は使った後は、収納スペースへしまわなくてはなりません。
もしも、万年床(布団を敷いたまま)にしてしまうと、そこからカビが発生してしまいます。
ベッドの場合はそのような必要はありません。また、上げ下げの際に必要な収納スペースを用意する必要がないので、そこに寝具以外の家具を置くことができます。
また、ベッドはそのままにしておいても大ジョブなので、疲れて帰ってきた後にすぐ寝ることも可能です。

このように、ベッドは布団の準備やしまうのが面倒と感じる人には、とても便利に感じるでしょう。

ベッドの種類

ベッドには複数種類のベッドがあります。

ノーマルシングルベッド

ノーマルなタイプのベッド。コンパクトで比較的安価で手に入るベッドです。

収納付きベッド

ベッドの下に下着などを収納できるのでとても便利です。衣装ケースなど必要なく便利ですが、ノーマルタイプでもベッド下にクリアボックスを入れるなどして代用することも。値段はすこし高いです。

ローベッド

ノーマルベッドよりも圧迫感がなく、寝ると天井が高く感じるなど、部屋が広く見える効果があります。ソファとして利用することも。こちらもノーマルタイプよりも価格は少し高くなります。

ソファーベッド

ソファー兼用でオシャレですが、ベッドとして使った後に布団を片付けるのが大変で、ベッドのままにしている人も多いそうです。

ロフトベッド

ベッドの下に収納やデスクなどを入れる事が出来るタイプのベッドです。上手に使うことができれば、スペースを無駄なく使えるため収納に便利です。また、暖かい空気は上に集まりやすいので、寒い時期は暖房の温かさを感じることもできます。しかし、部屋が狭く感じられるデメリットもあります。

折り畳みベッド

二つに折りたためるベッドです。キャスター移動が可能なのも多く、来客時などは片付けてスペースを作ったりできます。
しかしマットレスが使えないため寝心地に不満がある、などの弱点があります。

収納タイプを選ぶならリフトアップタイプを

ある程度高くても良いと考えている方は、ベッドフレームは収納付きベッドで、リフトアップできるものを選ぶと良いでしょう。
引出タイプの収納付きベッドはヘッドの空きスペースの半分程度しか使えず、また引き出しをあける際に他の家具が邪魔をしたりするなど、部屋に家具やインテリアを沢山起きたい場合は、かえって邪魔になるからです。
逆にリフトアップタイプならベッド全体を使うことが可能ですし、上に持ち上げることができるので、他の家具が邪魔するという事が少なく、結果部屋を広く使うことが可能になるのです。

マットレスの選び方・種類

ベッドフレームも大切ですが、できるならマットレスにもお金をかけたいですね。
こちらでは、マットレス選びの際のポイントを紹介します。

ボンネルマットレス

一本の鋼線を使ってできているため、身体を面で支えている感じがし、「畳に布団を敷いて寝ている」様な寝心地です。
安価で多くのベッドに採用されているタイプが、多少ギシギシとした音がします。

ポケットコイルマットレス

バネが一つ一つ独立しているのでギシギシとした音が少ないですし、横揺れがありません。また、身体を点で支えているため、フィットしやすいです。コイル数が多いほど寝心地アップ。

低反発マットレス

安価なものが多く寝心地は良いです。柔らかく包み込んでくれる寝心地が特徴です。体の一点に負荷がかかりにくいため、長時間寝ていても床ずれしにくいので、介護用ベッドなどに採用されることも多いです。
夏は暑く感じるほか、耐久性も他のタイプより低めのモノが多いそうです。

オススメはポケットコイル

理想的なのは、柔らかすぎず適度な暑さ・固さのマットレスです。というのも、マットレスが柔らかすぎるとお尻の部分が落ち込んでしまいって「W字」の形の様な寝姿になってしまいます。そうなると腰に負担がかかってしまい、その結果腰痛の原因になってしまうのです。

また、ベッドは基本的に敷きっぱなしになるもの。敷布団よりはましとはいえ、通気性や発散性に優れたものを選びたいですね。
マットレスは厚みがあるほど揺れやすいので、寝返りを妨げる可能性があります。ゆったり寝られるものを選びたいなら、できるだけ薄めのモノを選ぶとよさそうです。

オススメはポケットコイルのマットレス。一番の利点は綺麗な姿勢で寝れるというところです。
さらに、横揺れが少ないのでカップルや夫婦など、一緒に布団で寝る機会が多い人にもピッタリです。

店頭でベッドを探す際は、「コイルの数」と「銅線の太さ」を見て選ぶとよいでしょう。コイルは多いほど品質は高いです。
これらの情報は、展示しているマットレスのラベルに書かれていますので、そちらを参考にしましょう。

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。