すぐできるストレス解消方法(筆者体験談あり)|トピックスファロー

  • フリーライター求人
947 views
2015年3月16日
すぐできるストレス解消方法(筆者体験談あり)

人間関係や職場環境、はたまた家族関係など、私たちは多くのストレスに囲まれています。それらを溜め込んだままにしておくと、心と体に様々な不調となって表れてきてしまいます。それらを上手く解消して心穏やかに過ごすコツをご紹介させていただきます。

WEBライター
  

ストレスからくる心の病気と治療法について

ストレスが溜まってしまうと、人はどうなってしまうのでしょうか?余程強靭な精神力の持ち主でもない限り、体の不調となって表れてきます。

ストレス

時には、頭痛やめまい、吐き気や胃痛、突然に落ち込んで、わけもなく急に涙があふれて止まらなくなってしまったりすることもあります。これらの症状は、ストレスからくる心の病気だといえます。

それ以外にも、イライラして感情的になってしまったり、普段の自分では言わないような言動が出てしまったりすることもあります。

ストレスが過度になると、鬱のようになってしまったり、パニック障害や過呼吸など、心や体にさまざまな病気をもたらします。他には、何もやる気でない無気力状態になることもあります。

これらの症状が出てきたら、心療内科などの医療機関を受診すると良いアドバイスがもらえたり、症状にあったお薬を処方してくれたりしますので、酷くなる前に受診をした方が良いかもしれません。

メンタルクリニックや診療内科など心の病気の病院は沢山ありますが、どこが自分に合っているかよく見極めることも必要なことです。こうした心の病院には、やや行きにくいかもしれませんが、早期治療が大切です。

ストレスに負けないために気を付けたいこと

今の日本国内では、もはやストレス社会など呼ばれる状況になっているので、完全にストレスを排除するのは、なかなか難しいのが現状です。そのため、なるべくストレスと感じることは避けるように心がけましょう。

職場などでのストレスは、避けては通れない部分もありますが、モラハラなど、あまり酷い場合は、思い切って休職あるいは、転職してみるのも一つの手かもしれません。

悩み

もし、大切な家族が鬱やパニック障害など、心の病気にかかってしまった、または、かかり始めている時は、「頑張れ」などの言葉は追い込むだけになるので、返って逆効果になります。苦しい時こそ、家族で支えあっていくことが重要です。

すぐできるストレス解消方法

誰でも1度はストレスが溜まり過ぎて、もう無理だ~って思ったことがあると思います。そんな時はどうしていますか?以前私がやっていたストレス解消法ですが、片道約2時間の道のりを夜1人で運転して海までドライブしていました。

夜なので、当然月明りで薄っすら海が見える程度でしたが、波の音を聞きながら一人で気が済むまでひたすら泣くのです。帰りは、涙で顔がぐしゃぐしゃなので何処にも寄れません。

泣けばスッキリするのですが、喉が乾きます。でもコンビニに寄る勇気はない。何故なら、顔は泣き腫らして凄いことになっているのですから。もし思いっきり泣こうと決めたら、水分や糖分を系のご用意をおすすめします。

ドライブ

これを知人に話したら、ストイック過ぎるとか尋常じゃない等と言われたこともありますが、決して気にしてはいけません。帰ってくるころにはいつもスッキリと心も軽くなっていましたよ。

涙を流すというのは、ストレス解消には有効な方法だといえます。私がなぜ片道2時間もかけ海まで行っていたかというと、ただ単にドライブと海が好きだからで、夜の海は真っ暗で少し怖い気もしますが、波が悩みやストレスをキレイに持って行ってくれているような気がしたからです。

海に限らず自分の好きな場所など、お気に入りの場所を探してみるのも、楽しいかもしれません。

一人カラオケのすすめ

大声を出すというのも、ストレス発散の有効な方法だといえます。とは言え、このご時世ですし、大人になると大声を張り上げられる場所なんて限られています。

大声を出しても誰にも迷惑をかけない場所、それはカラオケ!人と行くと、どうしても気を使ってしまいますよね。それが例え気の許せる相手だとしても、全く気を使わないということはまずありえません。歌う順番や、場の雰囲気など、ついつい気を使ってしまってはいませんか?

カラオケ

少々ハードルが高そうなヒトカラですが、ちょっと勇気を出して行ってみると、誰にも気を使わず、その時間と空間は自分の好きなように過ごせるのです。これ、凄くハマります!

時には、なぜか感極まって泣きながら歌ってみたり、お気に入りの歌を何度も気が済むまで歌ってみたり、フリータイムをフル活用と言うのもありだと思います。行くまでは勇気が要りますが、1歩踏み出してみると、意外と快適なヒトカラだったりします。

今や、ヒトカラ専門のカラオケ屋まで存在しているのですから、ヒトカラ人口は、確実に増えているといえるのではないでしょうか。

著者:西野紗菜

WEBライター
アイコン
はじめまして西野紗菜です。好奇心旺盛で少々ドジな面もあります。
幼少時代より、文章を書くのが好きで、パートの傍らで、ライターになるべく日々模索中でしたが、
あることをきっかけに、フリーライターとして活動を始めました。
夢は、物書きになること。その夢が叶った今、どんなジャンルにも対応できるライターを目指して日々邁進しています。