リゾバするなら沖縄!石垣島で短期バイトをする魅力とは?|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
2,476 views
2013年1月8日
リゾバするなら沖縄!石垣島で短期バイトをする魅力とは?

学校の長期休暇を利用して、リゾートバイトをしてみたい・・・そんな人には沖縄がオススメです。特にダイビングスポットとしても人気の石垣島には、多くの短期バイトがあります。このページでは、石垣島で短期バイトをする魅力を紹介しているので、ぜひ参考に!

ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。
  

短期バイトするなら石垣島が◎!

夏休み・冬休みなどの長期休暇中こそ、お小遣いの稼ぎ時!ということで、短期バイトを探す人も多いのでは?特に大学生の場合は、たいてい約2ヶ月間の長い休みがあるので、アルバイトをするにはピッタリ!

都会とは違うたくさんの自然に囲まれた場所で、リゾートバイトをしてみたい・・・そう考えている人にオススメなのが沖縄・石垣島です。沖縄は国内だけでなく、海外からも数多くの観光客が訪れる人気の観光地。
かき入れ時の夏はもちろんですが、3月が海開きということで、1~2月から募集しているところが多いことも特徴と言えるでしょう。

特に八重山諸島の中心地で、離島巡りの玄関口にもなっている石垣島には短期バイトがいっぱい! キレイな海と青く澄み渡った空・・・そんなリゾート地での生活を満喫しながらアルバイトしてみませんか?

石垣島でできる短期バイト

石垣島に限らず、沖縄でのリゾートバイトの多くは、ホテルや民宿、ペンションなど宿泊施設でのフロント、レストランのホールスタッフといった仕事になります。そのほか、ダイビングやシュノーケリング専門店のスタッフなど、マリンスポーツが盛んな土地ならではの仕事もありますね。
ほとんどが6ヶ月以内の短期バイトですが、“長期歓迎”のバイト先もありますし、環境を気に入り、学校卒業後に移住してしまう人もいるんだとか・・・。

沖縄のリゾートバイトの求人情報をチェックしてみると、往復の飛行機代や交通費などは全額支給してくれるところも少なくありません。また、住むところ食事のことなども事前に確認しておくようにしましょう。

メール面接のところも!

リゾートバイトの面接は、“直接面接”と“電話面接”があります。石垣島での短期バイトの面接は、ほとんどが“電話面接”と考えても良いでしょう。最近では、“メール面接”を行っているところもあるようですね。電話だと緊張してしまう・・・という人には、嬉しい面接方法かもしれません。

  • 働ける期間
  • 職務経歴
  • 髪の色などの身だしなみ
  • 体力のこと

いずれの面接の場合でも、基本的にこのようなことを聞かれます。他にも確認しておきたいことがあれば、前もってリストアップしておくと◎。

寮完備で大助かり!

離島・石垣島での短期バイトは、住み込みが主です。自分で職場の近くにアパートなどを借りて住む人もいますが、バイト先によっては、寮を完備しているところもあります。なので、そのようなところを選ぶと、寮費・光熱費が一部負担で済んだり、食費が無料になったりと色々助かりますよ。

バイト以外にも、楽しみがいっぱい!

那覇市から南西に410キロ離れている石垣島は、沖縄で本島、西表島に次いで3番目に大きな島です。
ダイビングやシュノーケリングスポットとしても人気の石垣島には、リゾートバイト以外の楽しみもいっぱいあります!バイトが休みの日などは、スポーツやグルメ、ショッピングなど、自分なりの楽しい時間を過ごしてくださいね。

ショッピング

離島と言うと、生活するには不便な印象を持つ人もいるでしょう。けれど、石垣島は他の離島と違って、生活に便利なお店が多く、買い物にも困ることはありません。中でも大勢の人でにぎわうのが、“あやぱにモール”と言われるアーケード街。八重山諸島で最大級のショッピングエリアで、100軒以上のお店が並んでいます。食品から日用雑貨まで、様々なものが揃いますよ。

グルメ

石垣島には、美味しい飲食店が沢山あります。石垣牛を使ったハンバーグが人気のお店や郷土料理・ソーキそばのお店、沖縄の調味料を使ったコーヒーが話題のカフェなど沖縄ならではの美味しいものが盛りだくさん!たまには、ごはん屋さん巡りも楽しいかもしれませんね♪

マリンスポーツ

沖縄・石垣島に滞在するなら、マリンスポーツはぜひ楽しみたいもの。底地海水浴場やマエサトビーチなど、マリンスポーツが楽しめるスポットは多数!もちろんマリンスポーツ以外でも、パラグライダーやバードウォッチングなど、都会ではなかなか味わえない美しい自然と触れ合う体験ができます。休日の息抜きにオススメですよ!

著者:天地佑樹

ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。
アイコン
最近ではWEBライターとしての活動が多いですが、紙媒体のライターとしても活動できます。WEBであれば、自身のデジカメで取材場所や掲載したい物を撮影して、記事と共に掲載することも可能です。