レーザー治療が、全てのシミに効果的とは限らない!?|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
1,471 views
2012年9月20日
レーザー治療が、全てのシミに効果的とは限らない!?

若い頃に紫外線対策をしっかり行っていないと、年を取ってからシミになってしまいます。コンシーラーやファンデで隠しきれないほど酷くなってしまったら、無理に自分でケアしようとせずに、皮膚科や美容外科のレーザー治療を検討しましょう。

WEBライター
  

悪化している方は、自己ケアを中止して!

加齢と共に少しずつ肌に現れてくるもの、それはシミ。
どんなに肌が綺麗な人でも、よほど対策をしっかりしていなければ、ほぼ100%の確率で現れます。今までノントラブルだった人なら特に、昔とのギャップにショックを受けますよね。

シミは一度できてしまうと、自力で取るのは大変困難です。
美白化粧品やビタミンCのサプリなど、効果的とされている方法は色々ありますが、出費がかさむ、毎日のお手入れや摂取が面倒、その上あまり効果が実感できない…というのが現実です。

場合によっては誤った自己ケアを続けることにより、下記のように深刻な事態に発展することも。

  • コンシーラーやファンデで隠しきれないくらい巨大化、もしくは濃くなった
  • 消えるどころか、シミの数が増える一方
  • 色んなケア方法を試しているけど、むしろ逆効果

身に覚えがあったら、すぐに自己ケアを中止しましょう。
良かれと思ってやっている行為が、実はシミ悪化の原因になっている場合があるからです。
無理に自力で解決しようとせずに、必ず皮膚科や美容外科に相談してください。

深刻なシミは、皮膚科や美容外科に相談を

自分でどうしようもない深刻なシミは、皮膚科や美容外科のレーザー治療を受けるという方法があります。ただしシミにはさまざまな種類があり、全てにレーザー治療を行えるわけではありません。

また行えても治療後にトラブルが発生することもありますので、よく検討した上で治療を受けましょう。
カウンセラーや医師に相談し、アドバイスをよく聞くことも大切です。

シミの種類や、レーザー治療の向き・不向き


脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

こめかみや頬にできるこげ茶色のシミで、ホクロのように盛り上がっているのが特徴。
老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼び、名前の通り皮膚の老化が原因でできます。
若い頃に紫外線対策をしっかり行っていないと、できやすいと言われています。

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

左右の頬骨付近に“もやっと”できるシミのこと。トランシーノのテレビCMでお馴染みですね。
30~40代の女性に多く見られ、閉経を迎える50代頃に消えるもしくは薄くなることが多いです。
マッサージやストレス、避妊薬の服用などが発症の原因になるとされています。

※レーザーを当てると悪化する可能性が高いので、皮膚科でハイドロキシン配合の塗り薬を処方してもらうのがおすすめ。


老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

円形で茶色っぽいのが特徴。紫外線に長時間さらされることによりできるシミであり、日光性色素斑(にっこうせいしきそはん)と呼ばれることもあります。40~50代の人に多くみられますが、なかには20代で発生する人も。頬や手の甲ができやすい場所です。

後天性真皮(こうてんせいしんぴ)メラノサイトーシス

後天性真皮(こうてんせいしんぴ)メラノサイトーシス

略してADM、または遅発性両側性太田母斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはん)とも呼ばれます。
色は青もしくはグレーっぽく、左右の頬に点状にびっしり現われます。

肝斑やそばかすに似ていますが別物であり、誤診されることも少なくありません。シミというより痣の一種で、肝斑と合併することも多々あります。

※皮膚の奥深く(真皮)にできるシミのため、数回にわたる強力なレーザー治療が必要です。
ただし炎症後色素沈着が起きる可能性があることを覚悟しなければいけません。

著者:佐久間和夫

WEBライター
アイコン
WEBライターです。型にはまらず様々な情報を発信していきます。好きなものは酒、おつまみ、自転車。