通販における各種決済方法のメリット・デメリットをまとめてみた|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
5,982 views
2012年12月14日
通販における各種決済方法のメリット・デメリットをまとめてみた

何かを買うときには必ずお金を払わなければいけません。店頭購入なら直接現金支払いまたはクレジットカード払いが出来ますが、相手と直接顔を併せない通販ではお金のやり取りを行う決済方法を十分に考えなければなりません。通販における決済方法について解説していきます。

WEBライター
  

通販で使える決済方法のメリットとデメリット

通販の利用は非常に便利なものですが、便利さ故に際限なく買い物をしてしまったり、お金がないのに高価なものを買ってしまったり、といったトラブルを引き起こしてしまうこともしばしばです。
このようなトラブルを防止するためには、お金を支払うための決済方法をしっかりと考えて選ぶことが大事なのです。

確実な銀行振り込み

通販の決済方法として確実性が高く、誰にでも使える方法と言えるのが銀行振り込みです。
銀行振り込みのメリットは「口座を通して現金をやり取りした記録が残せること」、そして「口座さえ持っていれば手続きが要らない」ということです。他行振りこみは手数料がかかってしまいますが、新規口座を開設しなくていいので業者の使っている銀行の支店が地元に無くても大丈夫なのです。
それに、振りこみの記録が通帳に残るため、万が一業者から「支払未納」と言われても証拠が付きつけられるのです。

逆にデメリットは、「前払いの場合、業者が逃げる恐れがある」ことと「入金を確認してから商品発送なので商品受け取りに時間が掛かる」などです。通販業者が逃げるケースは最近では稀であるものの、可能性がある物として考えておくことも重要です。

簡単に使え過ぎるクレジットカード

クレジットカードでの支払いは、通販に限らずどんな場面でも使える便利な決済方法です。
メリットは「銀行に行かなくてもその場で決済できる」こと、「支払いを後回しに出来るのでお金がない時でも買い物できる」ということが言えます。
ネット通販ではカード番号とセキュリティ番号さえ入力出来れば決済できるので、完全に家の中だけで買い物が完結してしまうという便利さを享受できます。

デメリットは「クレジットカードを作れない場合がある」ということ、「ネット通販では基本的には一回払いになる」こと、「安易にカード払いしていると支払い総額が収入を越えることがある」こと、「セキュリティがしっかりしていない業者はカード番号が流出する恐れがある」ということが言えます。
クレジットカード払いは信用取引の一種なので、カード会社は新規加入者を審査して篩にかけています。審査に篩い落とされるとカードは作れないため、申し込んでも作れないことがあるのです。また、ネット通販でクレジットカード支払いを行える業者はSSLというセキュリティを使っていることが大前提となっているため、注意しないとカード番号の流出に繋がってしまうのです・

最近増えてきた電子マネー

電子マネーはプリペイドカード状で扱われている額面分だけ使える電子マネーです。お金としての実態を持たず、データとして存在するため、携帯電話などが必要になります。
電子マネーのメリットは「クレジットカードが作れない人でも同じように支払える」こと、「少額の支払いでも小銭を必要としないこと」などがありますが、メリットの多くは携帯性に集中しています。

逆にデメリットとしては「電子マネー支払いを取り扱っていない業者も多い」こと、「一度電子マネーにすると現金に戻せない」ことなどが挙げられます。

荷物受け取り時に支払う代引き

代引きこと代金引換は、運送会社が仲介して荷物受け取りの際に代金を徴収する決済方法です。
代引きのメリットは「口座番号やカード番号を知られることなく商品を購入できる」こと、「前もって荷物が届く日が分かるのでお金を用意しやすい」ことなどが言えます。

代引きのデメリットは、「荷物の中身が代金を支払うまで確認できない」ことや「留守中に荷物が届いて受け取り出来ない場合がある」こと、「代引き手数料が高くつく」ことなどです。
日中は家を留守にしていることが多い人にはあまりお勧めできない方法とも言えます。

出先で決済できるコンビニ支払い

コンビニ支払いは、公共料金の支払いと同じく支払い用紙をコンビニのレジでスキャンして決済を行う方法で、ネット通販ではポピュラーな決済方法となってきています。また、商品の受け取りもコンビニで行えるネット通販も少なくありません。
コンビニ支払いのメリットは「銀行までいかなくても近所のコンビニで支払い出来る」こと、「現金支払いなので無駄遣い防止にも繋がる」ことなどがあります。

コンビニ支払いのデメリットは「受け付けている業者が多くない」こと、「近所にコンビニがないと使い辛い」ことなどです。特に地方の場合、コンビニまで10分以上掛かることも珍しくないため利用するメリットが感じられないことがしばしばです。

著者:佐久間和夫

WEBライター
アイコン
WEBライターです。型にはまらず様々な情報を発信していきます。好きなものは酒、おつまみ、自転車。