世界で働く秘書になる!国際秘書検定の合格テクニック|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
9,239 views
2013年11月11日
世界で働く秘書になる!国際秘書検定の合格テクニック

秘書職も今の時代、英語力を求められています。国際秘書検定は文字通り、世界で活躍できる秘書を目指すための資格です。ビジネス向け英語資格なので、秘書でなくともビジネスパーソンなら誰にでも役立つ資格です。

WEBライター
  

国際秘書検定に合格しよう!

国際秘書検定(CBS)とは、日英両語で秘書業務に就くことができ、海外で活用できる秘書の育成を目指している資格です。
今回は、この国際秘書検定の資格について紹介します。

試験概要

国際秘書検定には「準CBS資格」と「CBS資格」の2種類があります。

試験概要

受験資格
  • プライマリー試験(準CBS資格) ・・・ 制限なし
  • ファイナル試験(CBS資格) ・・・ 準CBS資格(プライマリー試験)合格者
試験日
  • プライマリー試験(準CBS資格) ・・・ 5月
  • ファイナル試験(CBS資格) ・・・ 9月(2日間)
受験料
  • プライマリー試験(準CBS資格) ・・・ 12,000円
  • ファイナル試験(CBS資格) ・・・ 20,000円
合格率(2012年)
  • プライマリー試験(準CBS資格) ・・・ 48.1%
  • ファイナル試験(CBS資格) ・・・ 28.0%

試験内容

プライマリー試験(準CBS資格)

PART1 ・・・ オフィス実務(来客応対/電話応対/ビジネス文書整理・保管など)
PART2 ・・・ ビジネス日本語(ビジネスにおける正しい日本語、ビジネス文書マナーなど)
PART3 ・・・ ビジネス英語(英文ビジネス文書作成、来客応対など)

ファイナル試験(CBS資格)

PART1-a ・・・ オフィス業務管理(秘書業務管理、秘書適性など)
PART1-b ・・・ 経営管理(マネジメントアドミニストレーター、経営・会計・法律など)
PART2 ・・・ 秘書実務(インバスケット)
PART3 ・・・ ※ディクテーションによる文書作成
PART4 ・・・ 日英両語による面接

※・・・継続参加者のみ

国際秘書検定の就職活用

数多くある英語資格の1つですので、外資系を中心に、海外へ目を向ける会社などで就職チャンスがあります。特に「国際秘書検定」の名の通り、秘書職を希望している方は是非狙いたい資格ですね。
国際秘書検定はビジネス向けの知識を測る試験ですから、一般の英語資格を取得するよりも、ビジネス向けのこの資格を選ぶのがよいのではないでしょうか。

勉強のコツ

テキストを読む

まずはテキストで勉強をしましょう。数は少ないですが、国際秘書検定に関するテキストがいくつか販売されています。
また、国際秘書検定は英語力だけでなく、秘書としてのスキルを試すための問題もありますので、通常の秘書検定の問題集も役立ちます。公式のテキストだけでは問題量が少ないので、秘書検定の問題集も使って勉強をするとよいでしょう。
ただ、テキストと本番はだいぶ問題が変わってきますので、注意が必要です。

CBS(国際秘書)検定対応プライマリー問題集 [単行本]

CBS(国際秘書)検定対応プライマリー問題集 [単行本]

CBS(国際秘書)検定対応ファイナル試験問題集 [単行本(ソフトカバー)]

CBS(国際秘書)検定対応ファイナル試験問題集 [単行本(ソフトカバー)]

秘書検定準1級実問題集〈2013年度版〉 [単行本]

秘書検定準1級実問題集〈2013年度版〉 [単行本]

セミナーに参加

国際秘書検定を主催している日本秘書検定協会では、検定に関するセミナーを開催しています。国際秘書検定に関するセミナーは、大体試験開始前1ヵ月程度に行われます。また、国際秘書検定以外にも、様々なセミナーを行っています。
国際秘書検定のセミナーでは、試験対策に向けた学習を行うことが出来ます。
参加費用は多少かかりますが、できるだけ参加するようにしましょう。

今年のセミナー – 日本秘書協会

関連資格を受験する

国際秘書検定の予行練習として、文部科学省が主催する「秘書技能検定」を受験するとよいでしょう。秘書技能に関する基本的な知識を身に付けるための練習として、秘書技能検定の勉強をするとよいでしょう。
また、英語力の予行練習として英検などを受験すると良いでしょう。どちらの資格とも、準1級程度を持っているとよさそうです。

公益財団法人 実務技能検定協会
公益財団法人 日本英語検定協会

著者:海老田雄三

WEBライター
アイコン
芸能、アニメ、ゲーム、音楽あたりが得意分野のはずが、気が付けばなんでも書くライターになっていました。アニメ、ゲームなどのサブカル誌によく寄稿しています。