都内近郊でカップルが水着で楽しめる話題の温泉トップ3|トピックスファロー

  • 主婦からプロまでライター募集
10,915 views
2013年3月8日
都内近郊でカップルが水着で楽しめる話題の温泉トップ3

温泉に行くカップルの不満として多いのが、一緒に楽しめない事。どんなに綺麗な露天風呂があっても、二人別々では楽しさも半減というもの。そこで都内近郊でカップルが二人で十分に楽しめる厳選した温泉施設を3か所、紹介します。

取材ライター
  

都内で入れる100%天然温泉『瀬田温泉・山河の湯

1003

温泉と言っても、源泉が熱すぎる場合は水で埋めたり、逆に沸かしたりする温泉は少なくありません。

そういった手を加えない温泉の事を『源泉掛け流し』というのですが、豊富な湯量に加え、管理と維持に手間がかかってしまいます。その為、都内では『源泉掛け流し』の温泉は希少です。

そんな中で「瀬田温泉・山河の湯」は、加水も加温も加えない100%の天然温泉

混浴大露天風呂「ヒーリング・スパ」

水戸徳川家の跡地4000坪を利用して作られた瀬田温泉は、本当に東京なのかと疑うほどに緑の多い場所。
その中で、樹齢300年のケヤキの木を望む場所に、『混浴大露天風呂:ヒーリング・スパ』があります
スパの周りにはベンチなども完備され、湯疲れしたら一休みするのにちょうどいいでしょう。

また、ヒーリング・スパの奥にある「歓喜の丘」では、夕焼けの富士山を眺めながら、露天風呂に入るというのは、ここでしか味わえない贅沢ですね

一日、ゆっくりするのに最適な温泉

温泉以外にも、整体やタイ式マッサージ。食堂も完備。
ただの温泉ではなく、一日を過ごすつもりで、ゆっくりするのがおすすめです。

アクセス

map→瀬田温泉・山河の湯 TEL:03-3707-8228
公式サイト:瀬田温泉「山河の湯」

大人の為のリラクゼーションスポット『豊島園・庭の湯

ph00105477

「豊島園」という名前の通り、あの遊園地「としまえん」のすぐ隣に作られているのが、この「庭の湯」
遊園地の隣なので、家族向けのアミューズメントスポットかと思いきや、まさかの『中学生未満お断り』
その為、子供の声を聴く事なく、リゾート気分で恋人同士が楽しめるつくりとなっています。

水の特性を利用したバーデプール

館内は、女性用温泉ゾーン、男性用温泉ゾーン、そして水着で楽しめるバーデゾーンの3つに分かれています。

メインとなるバーデゾーンでは水の特性である、「浮力」や「抵抗力」を利用し、高いリラクゼーション効果を発揮するための工夫が各所に施されており、普段の温泉では味わえない体験ができるでしょう。

こだわりの温泉

しかし、そうした施設以上のこだわりを持っているのが温泉
泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉。
別名「熱の湯」とも言われるほどに、高い保温効果を持つ温泉です。

また、広大な温泉を清潔かつ安全に利用する為に、あえて『源泉掛け流し』は行なってはいません。
代わりに、水と塩のみでありながら、塩素の100倍の殺菌力を持つ浄化装置「MIOX」を導入し、何よりも安全な水へのこだわりがみてとれます。

アクセス

map→豊島園・庭の湯 TEL:03-3990-4126
公式サイト:バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯

遊び心溢れる温泉が揃った『箱根小涌園ユネッサン

00000000170003281

新宿から約2時間。
他とはちがう変わり種の、まさに温泉を使ったテーマパークというべき『箱根小涌園ユネッサン』
ここには、日本初の温泉が揃っています。

水着で遊ぶアミューズメント『ユネッサン』

箱根小涌園ユネッサンと言えば、メディアにも取り上げられる「露天ワイン風呂」が有名でしょう。
古くはクレオパトラも愛したワイン風呂には美肌効果も期待できるそうです。

他にも、緑茶やコーヒー風呂。巨大なウォータースライダー「ロデオマウンテン」も見逃せません。
また、古くなった足の角質を取り除く「ドクターフィッシュ」の無料体験も可能です。

隠れた名湯「森の湯」

あまりにインパクトが強すぎで、存在が薄れがちですが、裸で入る温泉「森の湯」の評価がとても高い事をご存知ですか?

インパクトでは、ワイン風呂に劣るかもしれません。しかし箱根外輪山を望む、箱根最大の大きさを誇る露天風呂。
浴槽のみならず、床や天井まですべて檜で作られた檜風呂。
星空を仰ぎながら、横になって温泉を堪能できる寝湯。
これらの温泉施設は、有名な温泉宿と比較しても、決して見劣りする物ではないでしょう。

また、二人でゆっくりと温泉に浸かりたい時には、内湯と半露天風呂。そして専用の湯上り処を備えた貸切風呂を予約するのも良いでしょう。

アクセス

map→箱根小涌園ユネッサン TEL:0460-82-412
公式サイト:箱根小涌園ユネッサン

著者:和田ちえみ

取材ライター
アイコン
三度の飯より書くこと聞くことが好き。インタビューやプロフィール作成、企業社内報など堅い文章も書けます。人の話を聞き、それをまとめるお仕事が多いです。