男がデートで失敗しないためにおさえておきたいポイント まとめ|トピックスファロー

  • ライター求人
10,379 views
2012年7月24日
男がデートで失敗しないためにおさえておきたいポイント まとめ

公衆道徳の低下がすすむ中、マナーを習得した男性は魅力的。特にデート中の配慮は好感度をあげることになるかも。ここではデートをシミュレーションしてどんな部分で気をつけなければならないのか。何がマナー違反になるのかを説明しています。

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

チョットした事への配慮で好感度がアップする

以前から気になっていた女性と初デート。
期待と緊張で頭がいっぱいになると思います。
もしかしたら、服選びに困ってしまう女性以上にワクワクして何も手につかないかも知れません。

そんな期待にあふれたデートを大きく左右するのは『マナー』です。
これがあるのと無いのとでは、デート終了時に次に繋がるか、今日だけで終了になるか程の違いになります。

魅力的で良識のある男性として、彼女の目に映り『次も誘いを受けたい』と思わせるマナーを身につけたいです。

その鍵は『チョットした事に気を配れるか』という事です。
相手に対して失礼になる行動はマナー違反です。

シミュレーションデートで配慮する点を考察

デート当日の行動を追ってシミュレーションしてみましょう。
(『準備~待ち合わせ~ショッピング~食事』というプラン)

準備

勝負は朝から始まります。
これから好きな女性と遭う訳ですから、人と接する際のマナーは必要です。

髪の毛をとかす

男性でもブラッシングは必要です。
寝ぐせを直し整えておくと良いでしょう。
必要ならシャンプーも。

洗顔・髭剃り

誰でもそうですが、汚い人と長時間いたいとは思いません。
歯磨き・洗顔・髭剃りは清潔感をもたせるうえで欠かせないものです。

においチェック

汚いのと同様、くさい人とも長時間一緒にいたくありません。
消臭剤やシャワーを浴びる等してデートに向かいましょう。

服装チェック

これから人と遭う訳ですから、しわのついた服や汚れた服・よれた服は不適格です。
服を新調する必要はありませんがアイロンがけくらいはマスターすると良いでしょう。
デートに相応しくない服装もNGです。
もし着替えてから朝食をとったなら食べかすがついてないか気にしてください。
また、肩にフケがかかってないかも見落とさないようにしましょう。

全身チェック

家を出る前に、もう一度全身をチェックしてください。
最低限ハンカチやティッシュは持参してください。
また、全身が小物(男性用アクセサリー)であふれかえってないかもチェック項目です。
あまりにも高価な物を身につけたり、華美になり過ぎると相手に対して不快感を与えかねず失礼になります。

待ち合わせ

スタートは肝心です。
ここでの失敗は一日中嫌な雰囲気にします。

時間前行動

これはどの行動にも当てはまる常識です。
時間を守れない人に信頼感を寄せる事は不可能です。
ましてデートで女性を待たせるのは考えものです。
待ち合わせの場所に行くまでにどんな事が起きるかわかりません。
『事故に巻き込まれる』『渋滞』『主要交通機関の麻痺』『不慮の怪我』等トラブルはどこに潜んでいるかわからないので、早目早目の行動を心がけてください。
自分が待つ分には全然マナー違反にはなりません。

携帯をいじらない

これからのデート中にも当てはまりますが、携帯を気にするのは相手に対して失礼です。
待ち合わせ場所に来た女性が、携帯に夢中になっている男性を見たらどう思うでしょうか……。
気をつけたいですね。

ショッピング

ではデート開始です。
さりげなく好感度をあげていく事にしましょう。

男性は車道側

割と安全な方に女性をエスコートし、自分は割りと危険な車道側を歩く。
これは女性にとって嬉しい事ではないでしょうか。
女性を危険から守るというさりげない気遣いはGOODです。
マナーとして身につけておきたいですね。

基本はレディーファースト

欧米諸国では当然ですが、日本はなかなかできないものです。
しかし、マナーの一つとして覚えておくとここでも好感度はあがります。
『ドアを開けてあげる。』
『買った物を持ってあげる。』
『エスカレーターに乗る時は女性の転落防止のため一段下に乗る』
といった事は女性をエスコートするうえでのマナーと言っても過言ではありません。

真摯な態度で会話する

ショッピングしている途中に女性から「この服とこの服どっちが似合う?」と聞かれる事があると思います。
その時に「どっちも似合うよ」や「どっちでもいいんじゃない」はNGです。
質問に対して曖昧な回答をするのは、話をあしらってると判断され失礼と取られてもしかたありません。
この時の女性はタッグクエスチョンというものを使っています。
質問にもう一つの意味を組ませて(タッグ)話しかけているのです。
『一緒にショッピングを楽しみたい。』
『こういう服を着てきている私は好き?』等、
裏に隠された真理を洞察して答えてみると良いでしょう。
男性には難しいかもしれませんが、しっかり向き合って会話することができるはずです。

食事

洋食レストランや街中にあるラーメン屋や定食屋などスタイルは違えど一番マナーが試される場所かもしれません。
ここでは共通してマナー違反になる行為を考えたいと思います。

入退店時は男性が先

ドアの開閉を男性が行い、女性をエスコートする。
最高のレディーファーストです。
女性への配慮を示した良いマナーでしょう。

音はたてない

すすって食べるものに関しては当てはまりません。
蕎麦やラーメンは音を立てて食べるのが流儀だからです。
しかし、それ以外のものに関して『クチャクチャ』という汚い音を立てて食べるのはマナー違反です。
食事中はスマートに食べるように心がけましょう。

携帯は厳禁

待ち合わせの部分でもふれましたが、食事中の携帯はNGです。
デートに来ているのに会話もせず携帯をいじっていたら相手を不快にさせるだけです。
デート中は電源を切るか、マナーモードにしてしまっておきましょう。
携帯依存症の人は、ここで大失敗をおかすかも知れません。

テーブルマナーを心得ておく

洋食に多いのですが、テーブルマナーはマスターしておくと良いでしょう。
『スプーンやフォークは外側から使っていく』
『落としたものは自分で拾わない』
『音をたてない』等々…。

その他で心がけられる事

『人を批判するような会話』『自分を卑下するような会話』『自慢話』はNGです。

終始にこやかな雰囲気でいられるような会話をするようにしましょう。
言葉一つとっても相手を不快にさせないようにする配慮もマナーとして覚えておくと良いかも知れません。

男性が先にトイレに行くなら、女性はトイレに行きやすくなるでしょう。
自分がトイレに行きたくなくても頃合いをみてトイレに行くなら、女性は外出先のトイレに対してストレスを感じる事はないと思います。
(男性はトイレで身だしなみのチェックをすると良いかもしれません)

初デートいう事もあり気持ちが大きくなり過ぎてしまうと、暴走する可能性があります。
店員に対して横柄な態度をとったり、店内で大声で話す。もしくは叫ぶのはNGです。

アルコールはたしなむ程度にとどめておくと良いでしょう 。
多飲すると理性が効かなくなりマナー違反を連発する可能性が高くなってきます。
デートどころの問題じゃなくなるかもしれません。

よくあるデートをシミュレートして考えてきましたが、これらの項目は一般的なマナーです。ケースバイケースでもっと配慮しないといけない点もあります。
公衆道徳としてのマナーを守ったり、テーブルマナーを身につける必要があるかもしれません。

さりげなく好感度を上げ、魅力的な男性になるには、細部にわたって気を配る必要があります。
女性に対する温かな心遣いを示すという事もマナーの一つなのかも知れません。

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。