【資格必須の時代到来!】安定のある不動産業も人気職!|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
2,475 views
2012年4月23日
【資格必須の時代到来!】安定のある不動産業も人気職!

「資格が就職の合否を分ける!」そんな時代がきたように感じる人もいることと思います。そのため、最近の傾向は国家公務員などの安定した職業が人気を見せているようです。人気資格の中から、不動産業で重宝されていてる宅地建物取引主任者を紹介します。

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

【業界人で知らない人は居ない】不動産業の必須資格!

不動産業界での仕事は、比較的安定しているとされ、人気のある職業でもあるようです。
不動産とは、土地に定着して動かない建物などを指し、その建物を賃貸・売買として管理、仲介などの形態があるとされています。

どの開業形態の不動産業に就職するかによって、仕事内容などにも変化が見られるようになるそうです。
また、最近は不景気ということもあって、不動産業界でさえ安定感を失っているとも言われているようです。

不動産業には必須資格!宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者(宅建)とは、不動産業に就職する場合においては必須資格とされるほど、業界人では知らない人は居ない資格とされています。

土地や建物の売買を行うためには宅建資格が必要とされており、不動産会社では重要な人材(資格者)のようです。
この資格を所有している人は不動産取引のプロフェッショナルであり、物件の賃貸や売買契約が行われるときには有資格者でなければ行えない業務をこなすそうです。

宅建の資格は、将来不動産会社を独立・開業することが出来るため、就職難である現在で人気のある資格でもあります。
しかし不動産会社を開業させるためには、この資格を所持する人が従業員5人に対し1人以上が必要とされていますので、まずは経験を伸ばして、不動産業のノウハウを学んだほうが良いそうです。

また、不動産業には様々な開業形態があり、その中でも最近急増中のリノベーション物件を紹介している不動産を見つけました。将来、開業を考えている人はこのような開業形態あることを知識として知っておくと便利かも知れませんね。どのような開業形態なのかは、ご覧になって確認してみてください。

不動産の新たな開業形態!広がるリノベーション物件はワンストップ不動産がおススメ!

ワンストップ不動産の「リノベーション」

安定している職業と言われている不動産業に広がっているリノベーション物件について紹介します。宅建資格を取得したときのためにも一度ご覧になってみては?


活躍の場がさらに広がる!併せて持つと便利な資格

冒頭でも少し紹介しましたが、不動産業界は比較的安定しており、就職したいと考えている人も多いようです。その為には「宅地建物取引主任者」という資格を取得することが重要であり、持っているのと持っていないのとでは歴然の差があります。
また、宅建資格だけでも不動産業界での就職は有利になりますが、その他の資格も併せて取得しておくと更なる活躍が見込めたり、働ける場所が広がってくることと思います。

宅建と併せて所持しておきたい資格は、やはり不動産関連の資格になるのではないでしょうか。
特に司法書士、管理業務主任者、行政書士、マンション管理士、ファイナンシャルプランナーなどは、ステップアップに役立つとされています。

ライフプランはお金のプロ・FPにお任せ!

FPとは、ファイナンシャルプランナーの頭文字をとった総称で、お金に関する広い知識を持った金融のプロのことです。
保険や年金、税金などの知識を兼ね備えており、ライフプランと呼ばれる貯金の積み立て計画や予想外な金融トラブルを想定したプランを立てることが出来ます。

依頼者に合わせた金融プランを立てることができ、素人では難しい不動産取引で生じる金融業務にもとても役立つ資格です。

状態管理とマネジメントを行う管理業務主任者

国家資格に分類される資格の一つで、マンションの管理会社に勤務することになるようです。
管理業務主任者は、管理組合から委託されたマンションの管理が業務となります。
他にも、委託されたマンションの管理受託契約の説明や、管理業務の処理状況告を管理組合へ報告、マネジメント業務などを行うとされています。

マンション管理を行っている会社では、委託される管理組合の数によって、管理業務主任者を1名以上配置するようにとも決められているそうです。
宅地建物取引主任者に近く、不動産業に従事するなら持っておいて損はない資格と言えそうです。

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。