【精神科医もおすすめ】0円でできるストレス解消法を集めてみた|トピックスファロー

  • 主婦からプロまでライター募集
12,629 views
2013年5月24日
【精神科医もおすすめ】0円でできるストレス解消法を集めてみた

ストレスが溜まりに溜まると健康を害してしまうことがあります。何だか近ごろ常にイライラしてるな…という自覚があったら、早目にストレスを発散して心身をリラックスさせてあげましょう。お金を全くかけずにできるストレス解消方法を6つ紹介します。

取材ライター
  

全くお金がかからない&手軽なストレス解消法6つ

現代は目が回るほど多忙ですから、ただ普通に生活しているだけでストレスが蓄積されてしまうもの。
心身の健康を保つためにも、効果的な発散方法を知っておきましょう。
まったくお金がかからず、いつでも手軽にできるストレス解消法を6つ集めてみました。

その1:フワフワしたものに触る

動物学者のデズモンド・モリス氏によると、動物の赤ちゃんは不安を感じた時に、フワフワしたものに抱き着く習性があるのだそうです。本能的に心の安定を図る方法を知っているんですね。
フワフワしたものといえば抱き枕やぬいぐるみですが、持っていなければ毛布でもOKです。

その2:ペットと触れ合う

無邪気なペットと触れ合っていると、心のモヤモヤが消えて元気を取り戻せますよね。
あれは行動意欲の源である、脳内のドーパミンの分泌量が増えるためです。ペットを飼っていない場合は、動物が出ているテレビ番組を見るだけでも効果がありますよ。

その3:1日20分散歩する

散歩つまりウォーキングには、脳の働きを活性化し気持ちを前向きにする効果があります。
筋肉を動かすことにより全身の血の巡りが良くなり、脳にも十分な血液が届くようになるためです。
運動不足が解消され肥満の防止にもなりますから、ぜひ毎日の習慣にしましょう。目安は1日20分です。

その4:嫌なことを紙に書き出す

これは精神科医もお勧めしている方法です。
嫌なことがあっても口に出せない性格、一人暮らしで愚痴を言う相手がいないなどの場合に役に立ちます。ストレスが溜まり過ぎていると、一体何が自分をイライラさせているのか、その正体すら分からなくなるもの。しかし紙に書くことでそれが明確になり、気持ちの整理がつくようになるのです。

その5:紙を思い切り破る

新聞紙やチラシなど不要な紙を思い切り破ると、かなりストレスの発散になります。
誰にも迷惑をかけませんし、傍から見ても掃除しているようにしか見えないところも安心です。
前述した『嫌なことを書いた紙』でやると、さらに効果倍増です。

その6:『青いもの』を見る

青い色は副交感神経に作用するため、心を鎮静させる効果があります。
ただ眺めているだけでストレスが和らぎますので、イライラしたら意識的に青いものを見るようにしましょう。空や海、世界の絶景(青の洞窟など)の写真を部屋に貼っておく…なんてのもアリです。

お酒やカラオケは逆効果!?

お酒とカラオケ…日本人の間ではすっかり定着しているストレス解消法ですよね。
そんな風潮に影響されてか、「これこそが最高のストレス解消法なんだ」と思い込んでいる方も多いようですが、実はすべての人に有効なわけではありません。

これらを好きでなかった場合は、逆にストレスの原因になってしまいます。
お酒やカラオケは大抵人付き合いがからむもの。そしてそこには必ず何らかの軋轢が生じるものですから、逆効果を招いてしまう可能性が高いのです。

周囲に馴染めないからといって、「自分はノリが悪い」「暗い性格なんだ」などと思ってはいけません。
お酒やカラオケは好き嫌いがあると割り切って、自分に本当に効き目のあるストレス解消法を探すほうが賢明です。

著者:和田ちえみ

取材ライター
アイコン
三度の飯より書くこと聞くことが好き。インタビューやプロフィール作成、企業社内報など堅い文章も書けます。人の話を聞き、それをまとめるお仕事が多いです。