【第67回】ミュンヘンでヒトラーの面影を追う旅4 ~ヒトラーの挫折編-その2~|トピックスファロー

  • 署名記事をかけます!ライターの実績を積みたいならフォークラス
805 views
2019年1月24日
【第67回】ミュンヘンでヒトラーの面影を追う旅4 ~ヒトラーの挫折編-その2~

ドイツ労働者党(後のナチス)に入党したヒトラー。1920年代、ミュンヘンを舞台に次々と行動を起こしますが、それは早急であり、一度失敗して停滞してしまうことに…。1930年代に政権を取るまでミュンヘンでひっそりと政治活動をしていました。その痕跡を巡りたいと思います。

戦争遺跡ライター
HIROのfacebookアイコン
  

ヒトラー一行が行進したミュンヘン一揆のルート

オデオン広場周辺

旧王宮前のマックス・ジョセフ広場を通り、旧王宮の左側のレジデンツ通り(ResidenzStraße)を進むと、ゴールのオデオン広場が見えてきます。 しかし、ヒトラーたちはオデオン広場に着くことができません。なぜなら、広場の直前は警官たちによって、道が封鎖されていたからです。

マックス・ジョセフ広場マックス・ジョセフ広場

オデオン広場の将軍卿が見えてくる。銃撃戦があったのはこの通りオデオン広場の将軍卿が見えてくる。銃撃戦があったのはこの通り

警官はヒトラーやルーデンドルフ将軍を目掛けて発砲を開始します。ヒトラーは地面に引き倒されて肩を脱臼しますが、突撃隊の隊員に助けられ脱出に成功しました。一方、ルーデンドルフ将軍は逮捕されてしまいます。
ナチスの党員は16名(14名、17名など諸説あり)、警官側は3名が亡くなりました。

ヒトラーはその時、左脇の小道によろけて倒れたといいます。おそらくその小道は、オデオン広場の手前にあるレジデンツ通りからヴィスカーディ通り(Viscardigasse)付近だと思われます。

ヒトラーが負傷したと思われる付近。真ん中に見えるのがヴィスカーディ通りヒトラーが負傷したと思われる付近。真ん中に見えるのがヴィスカーディ通り

現在のヴィスカーディ通り

ヴィスカーディ通りには金で塗られている部分があります。ヒトラーが政権を取ってから、オデオン広場には、このミュンヘン一揆のモニュメントがありました。そのため、ミュンヘン市民は、オデオン広場に入るためには、検問しているナチスの親衛隊にナチス式敬礼を強要されたのです。その敬礼をしたくない市民が通ったオデオン広場への抜け道が、金で塗られている部分になります。

金色に塗られた抜け道金色に塗られた抜け道

オデオン広場。左側からヒトラー一行がやってきたオデオン広場。左側からヒトラー一行がやってきた

劇画「ヒットラー」(ちくま文庫)から転載
劇画「ヒットラー」(ちくま文庫)から転載

ビュルガーブロイケラー酒場(現在はガイタイク文化センター)からオデオン広場までヒトラー一行は1時間かかったそうですが、ガイタイク文化センターからオデオン広場までは徒歩で25分くらいです。当時のヒトラー一行は、イザール門を潜ったあたりから、群衆が溢れ、マリエン広場で立ち往生したため時間がかかったのではないかと思います。

ガイタイク文化センターの最寄駅は、SバーンのRosenheim platz。ヒルトン側の出口を上がると目の前がガイタイク文化センターです。

ミュンヘン一揆に失敗後、ランツベルク刑務所に収容されるヒトラー

ミュンヘン一揆に失敗したヒトラーは、隠れていた家で見つかり逮捕されます。しかし、裁判では巧みな弁明で禁固5年という軽い刑が言い渡され、実際には1年未満で出所します。

ヒトラーが抑留されたランツベルク刑務所の行き方は、「ナチスドイツの総統、アドルフ・ヒトラーゆかりの地を巡る」編を参照してください。

ランツベルク刑務所ランツベルク刑務所

ランツベルグ刑務所に抑留されている時、ヒトラーの政治理念が描かれた「我が闘争」を口述執筆します。「我が闘争」は後に、ドイツ国民の必読の書となります。

出所後はナチスを再建し、活動を開始しますが、世の中はヒトラーやナチスのことを忘れていきます。理由は、ドイツの経済政策が上手く軌道に乗り始め、景気も回復したことにあります。政治面でも国際連盟に加盟するなど、他国と協調路線を取り始めます。

インフレも解消され、生活が安定してくると、束の間の平和な時代がやってきます。国民は第一次世界大戦中の苦しさ、敗戦の屈辱という辛い時代を忘れたかったのです。ヒトラーの民族主義、ユダヤ人排除など、挑発的で過激な主張は受け入れにくくなってきたのでした。

その結果、ミュンヘン一揆以降の1920年代、ヒトラーは政治家として不毛な時期を過ごしたといえます。

1920年代のヒトラーのゆかりの場所

ミュンヘン一揆のルートの近くに1920年代のヒトラーのゆかりの場所があるので、軽く紹介します。

我が闘争を出版した出版社があった建物

ヒトラーの著書、「我が闘争」を出版した出版社があった建物が、ミュンヘン一揆のルート近くにあります。イザール門の手前右手にある、トラムが通っているティールシュ通りを進んで、2番目の左手の道の角にあります。

住所:
ThierschStraße 11

【第66回】ミュンヘンでヒトラーの面影を追う旅3 ~ヒトラーの躍進編~」で紹介した、ヒトラーが1920年から住んでいた家は、そのティールシュ通りをそのまま進んだところにあります。

住所:
ThierschStraße 41

ヒトラーが演説していたカフェ

イザール門の左側には、ティールシュ通りと反対方面に、1926年に6回、1929年に1回、演説したカフェがあります。

住所:
Reichenbachstrasse 13

<【第67回】ミュンヘンでヒトラーの面影を追う旅4 ~ヒトラーの挫折編-その1~
【第67回】ミュンヘンでヒトラーの面影を追う旅4 ~ヒトラーの挫折編-その2~

同シリーズが「ヒトラー 野望の地図帳」として書籍化

同シリーズが書籍化され、各書店の歴史の棚の世界史やドイツ史のコーナーに置かれています。web記事とは違う語り口で執筆していて、読者の方々からは、時代背景が簡潔でわかりやすい、学者とは違うテイストが新鮮、という感想をいただいております。

歴史好きはもちろん、ちょっとマニアックなヨーロッパ旅行をしたい方々の旅のお供になる本です。

ヒトラー 野望の地図帳

ヒトラー 野望の地図帳
著者名:サカイ ヒロマル
出版社:電波社     
価格 :1,400円(税抜) 

【連載ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡

著者:HIRO

戦争遺跡ライター
アイコン
HIROのfacebookアイコン
ヨーロッパ各地の世界大戦の戦争遺跡を周って取材しています。
だから、戦争遺跡ライターです。
学生時代から、事件、事故現場、戦争跡地を野次馬のように行くダークツーリズムラー。
特にヒトラー、ナチスなど、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線に関することが一番好き。
しかし、重いテーマの旅をしているかというと、旅行先では美味しいご当地グルメを堪能して、お酒を飲んでいます。時には道に迷ってテンパったり、ヨーロッパの街並みに感動したりと、見かけはヨーロッパが大好きな普通の旅行者です。

▼TOPICS FAROで連載中!
「ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡」シリーズ
https://topicsfaro.com/series/warruins
同シリーズが書籍化されました。
「ヒトラー 野望の地図帳」(電波社)から全国書店の世界史コーナーで発売中。

「受験に勝つ!世界史の勉強法」シリーズ
https://topicsfaro.com/series/wh
世界史の勉強方法についての記事も連載を開始しました。
大学受験で合格点を取る方法を中心に大学生や社会人の大人の教養としての世界史の勉強方法にも触れています。

▼ブログ
http://warruins.exblog.jp/

▼ニコニコ動画
「ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡」シリーズを
ダークツーリズム・ジャパンのニコニコ動画にも寄稿しています。
http://ch.nicovideo.jp/darktourism

▼ご依頼、ご質問はこちらのメールまで
hiromaru_sakai@yahoo.co.jp