【第5回】ナチスの党大会が開催された街、ニュルンベルク-その2|トピックスファロー

  • ライター求人
168 views
2022年1月21日
【第5回】ナチスの党大会が開催された街、ニュルンベルク-その2

ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡 シリーズNO5
バイエルン州でミュンヘンに次ぐ、2番目の大きさの都市であるニュルンベルグには、時代を忘れないための負の遺産が残っています。

戦争遺跡ライター
ヒロマルのfacebookアイコン
  

ニュルンベルク・フュルト裁判所 600号陪審法廷 ~ナチスが裁かれた法廷~

街の東側に位置するコングスハレ、ツェッぺリンフェルトとは反対の西側に、戦後、ナチスの戦争犯罪人を裁いた「ニュルンベルク裁判」の法廷が、今も現役の裁判所として使われています。その裁判所の一部が「ニュルンベルク裁判」の博物館として、公開されています。

ニュルンベルク裁判の博物館となっているニュルンベルク裁判の博物館となっている

多くのガイドブックにも紹介さていますが、街の中心部から離れていることもあり、地図が載っていないものもあるので、行き方を紹介します。

ニュルンベルク中央駅から地下鉄を利用してBärenschanze駅を下車。駅を背に、乗ってきた地下鉄と同じ進行方向にFürther通りを歩き出して、数分ほどで右手に裁判所が見えてきます。案内の看板も出ているので、道に迷うことはないと思います。

ニュルンベルク裁判記念館への案内板ニュルンベルク裁判記念館への案内板

入場料は5ユーロ。館内の説明文は英語とドイツ語のみで、無料でオーディオ(英語有)を貸し出ししてくれます。(2014年6月の情報)

イントロダクション

公式サイト:Memorium Nürnberger Prozesse (nuernberg.de)
名  称 :Memorium Nuernberger Prozesse
住  所 :Barenschanzstrasse 72 90429 Nurnberg

ニュルンベルク裁判の動画ニュルンベルク裁判の動画

ニュルンベルク裁判の様子(起訴されるナチス幹部ら)ニュルンベルク裁判の様子(起訴されるナチス幹部ら)

ニュルンベルク裁判の様子(証言するユダヤ人)ニュルンベルク裁判の様子(証言するユダヤ人)

ニュルンベルク裁判の様子(連合国の裁判官ら)ニュルンベルク裁判の様子(連合国の裁判官ら)

博物館の中は法廷が一部再現され、裁かれたナチスの24人の幹部の等身大のパネルがあり、当時の法廷の様子を撮ったVTRも流れています。

東京裁判の展示東京裁判の展示

また日本の東京裁判のコーナーも設けられています。

実際の法廷実際の法廷

実際にニュルンベルク裁判で使用された600号陪審法廷は、時間帯によってはツアー形式で見学できます。博物館にある館内の窓から法廷を覗くことができます。

館内には地元の学生(日本で言えば小学校~高校生くらいの年齢)が、課外授業の一環として来ていて、博物館発行のレジュメの空欄を必死に埋めている姿も館内のあちこちで目につきます。

ニュルンベルク裁判の博物館を見学する地元の学生達の風景ニュルンベルク裁判の博物館を見学する地元の学生達の風景

法廷内を見学していた地元の学生達(見学をさぼっていて必死にレジュメを書いているとこ)法廷内を見学していた地元の学生達(見学をさぼっていて必死にレジュメを書いているとこ)

<【第5回】ナチスの党大会が開催された街、ニュルンベルク-その1
【第5回】ナチスの党大会が開催された街、ニュルンベルク-その2

同シリーズが「ヒトラー 野望の地図帳」として書籍化

同シリーズが書籍化され、各書店の歴史の棚の世界史やドイツ史のコーナーに置かれています。web記事とは違う語り口で執筆していて、読者の方々からは、時代背景が簡潔でわかりやすい、学者とは違うテイストが新鮮、という感想をいただいております。

歴史好きはもちろん、ちょっとマニアックなヨーロッパ旅行をしたい方々の旅のお供になる本です。

ヒトラー 野望の地図帳

「ヒトラー 野望の地図帳」
著者名:サカイ ヒロマル
出版社:電波社     
価格 :1,512円(税込) 

【連載ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡

著者:ヒロマル

戦争遺跡ライター
アイコン
ヒロマルのfacebookアイコン
1979年神奈川県生まれ、神奈川県逗葉高校、代々木ゼミナールで1浪、立教大学経済学部卒業。

大学在学中からヨーロッパ、アジアなどを海外放浪してハマってしまい、そのまま新卒で就職せずフリーターをしながら続ける。その後、会社員生活をしながらも休み、転職の合間を利用して海外放浪を続ける。50ヶ国以上訪問。会社の休暇を利用して年に数回、渡欧して取材。

2012年からライター業を会社員との二足のわらじで開始。
2014年からwebメディア(株)フォークラスのTOPICS FAROで2つのシリーズを連載中。

▼もんちゃんねる(You Tube)
https://www.youtube.com/channel/UCN_pzlyTlo4wF7x-NuoHYRA

▼「ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡」シリーズ
https://topicsfaro.com/series/warruins
ヨーロッパ各地を取材し、第二次世界大戦に関する場所を紹介。
軍事用語などは極力省き、中学レベルの社会の知識があれば楽しめる記事にしています。
同シリーズが2017年に書籍化。
「ヒトラー 野望の地図帳」(電波社)から全国書店の世界史コーナーで発売中。

▼「受験に勝つ!世界史の勉強法」シリーズ
https://topicsfaro.com/series/wh
2018年から主に世界史を中心とした文系の勉強方法について執筆。
大学受験だけでなく、大学生や社会人の大人の教養としての世界史の勉強方法にも触れて、
高校生、大学生、社会人とあらゆる世代を対象としています。

世間の文系離れを阻止して、文系の学問の復権に貢献することが、2つの連載の目的です。

▼ご依頼、ご質問はこちらのメールまたはツイッターから
hiromaru_sakai@yahoo.co.jp
https://mobile.twitter.com/HIRO_warruins